PKO5

戦争に関する一つの活動としてPKOを捉えている人がいます。
もちろん、日本が直接戦争に加担しているわけではありませんが、自衛隊の派遣が結果として戦争になっていると言う考えです。
PKOに関してのブログを読むと、いろいろな考え方の人がいることがわかります。
概してPKO反対の立場のブログが多いようです。
政府などはPKOを積極的に勧めていこうと考えているのです。
それは日本の国際協力をアピールできるものだからです。
しかし、それが結果的に戦争を肯定していることになると考えている人が多いのです。
国際支援をするために武器は必要ない、実際に武器を持たずに活動しているNGOたちがいるではないかと言うことです。
この考えに賛成する日本人は多いでしょう。
日本には平和憲法があり、それを守っていくことが大切なのだということです。
PKO活動は私たちの日常生活とはかけ離れたところでのことです。
すべてを理解することはできません。
しかし、ブログやインターネット上の情報などを得ることによって、世界ではどのようなことが起きているのかを知ることができます。
私たちがPKOやPKO5原則に関心を持つことが大切です。
関心を持っていれば、自然とその内容がわかってくるのです。
何が真実で、何が嘘なのかを見極める力を身につけましょう。

それが国際支援をしている国の国民としての義務かもしれませんね。
私たちが直接PKOやPKO5原則の見直しに関わることはできません。
しかし、紛争が起きていることは現実なのです。
当事者たちの苦しみを少しでも理解しながら、自衛隊やNGOがどのように活動しているのかを知ってください。