PKO5

日本における武器輸出の問題は世界平和を考える上で非常に重要な事柄です。
そして自衛隊によるPKO活動とも密接に絡んでいるのです。
自衛隊の活動にはPKO5原則による制限が課せられています。
ここで重要なのは武器使用に関する部分です。
自国民の生命の危険がある時に限り武器の使用が認められているのです。
PKO5原則を見直しして、武器使用を緩和したいと考えている民主党です。
しかし、国民がそれを簡単に認めるかどうかわかりませんよね。
野党時代から民主党はPKO5原則の見直しを訴えてきたのです。
与党となったならば、その方向に傾くことでしょう。
もちろん、民主党内にも異論があります。
簡単な話ではないのです。
また、武器輸出については武器輸出3原則があります。
これによって、一定の歯止めが掛けられているのです。
それを見直ししようとする動きが2011年10月に出てきたようです。
すんなりと見直しが行われるわけはありません。
十分な議論をすべき事柄なのです。

日本は武器を開発するための優れた技術を持っています。
しかし、それを活かしていないとの指摘は国際的にあるようです。
アメリカが日本の技術を求めていることも周知の事実です。
日米同盟を強固にすることと、日本がアメリカに対して貢献する意味からも武器輸出3原則の見直しは有意義なものと考えられるのです。
いったい世界平和はどのような形で成されるのでしょうか。
武器を持って相手を制圧すること以外に、平和への道はないと考えることも一理あります。
PKO5原則と武器輸出3原則について、関心を持って見守りましょう。