PKO5

自衛隊が武器を持って、海外に派遣されることは武力行使ではないのでしょうか。
PKOと言う名のもとに、武器使用制限の緩和が議論されています。
昔から自衛隊と平和憲法の整合性について、多くの人たちが研究してきました。
法律的に認められるのかどうかと言うことについて、裁判も行われています。
現在はPKO5原則と言う制限つきで、自衛隊の武器使用は認められています。
しかし、PKO5原則は現実の紛争地域においては、机上の空論に過ぎないと考えている人も多いのです。
憲法とPKO参加について、整合性を取るとの考えからPKO5原則が作られたのですが、それはまやかしに過ぎないと憲法学者は考えています。
日本中の人が同じ考えと言うことはありませんが、十分な議論が必要なことだけは間違いありません。
誰でも生命の危機にさらされることを好む人はいません。
相手が武器を持っていれば、自分もそれに対抗すべきなのです。
しかし、それがエスカレートしていくことで紛争が起こることも事実です。
私たちが暮らしている日本は平和ですが、世界中で内戦が続いているのです。
PKOの必要性と日本に求められていることをよく考えて発言をしなければなりません。
特に国会議員の発言は重いです。
安直な考えをマスコミの前で披露すれば、それが独り歩きしてしまうのです。
一人だけの判断で物事が決められるわけではありません。

たくさんの人の知恵を結集してどのような回答が正しいのかを導き出さなければなりませんね。
世界の平和はいつになったら実現するのでしょうか。