PKO5

PKOの問題は憲法の問題でもあります。
平和維持活動が国連の要請に基づくものであっても、自衛隊の武器使用がPKO5原則で制限されているとしても、戦闘地域に出向くことには変わりはないのです。
日本が戦争を放棄したことの象徴が平和憲法です。
PKO活動を批判する人たちは、憲法に背いていると言います。
日本の憲法がどのような意図のもとに作られたのかを考えるのではなく、平和はどのようにすれば達成できるのかを考えなければなりません。
PKO5原則は派遣先で武器の使用が想定されることから、決められたものです。
武器がなければ戦争は始まらないのでしょうか。
アメリカでは銃の所持が認められています。
それに対して日本では銃を持つことはありません。
銃を持つこと自体が犯罪なのです。
PKOでは銃を持っていることは犯罪ではありませんが、その使用方法によって違反となるケースがあるのです。
PKO5原則は武器を使用するための、ごまかしであると指摘する人もいますね。
このような議論は堂々巡りとなります。
どちらの言い分ももっともであり、両者が歩み寄る余地はないのです。
あなたはPKOをどのように考えていますか。
どちらが正しいかを知ることよりも、自分自身でどうあるべきなのかを考えることが大切です。

人の意見は参考でしかないのです。
憲法とPKOと言う大きな問題に対して、国民の意見は無力かもしれません。
しかし、国会議員だけに任せておくわけにはいきません。
日本人は憲法を押し付けられたのかもしれませんが、これからはそれを守っていくことが求められているのです。