PKO5

世界に平和が訪れてほしいと多くの人が願っています。
しかし、現実にはそれは遠い未来のことかもしれませんね。
私たちが考える平和とはどのような状態なのでしょうか。
もちろん、生命の危機を心配することのない日常でしょうが、そこには武器は存在しているのでしょうか。
PKO5原則が武器の使用を制限していることはよく知られていることです。
平和を維持するために武器を持たなければならないと言うことは非常に矛盾していることになります。
しかし、それが現実なのです。
紛争が終結して、停戦合意がなされているとしても、いつまた戦闘状態となるかわからない地域が多いのです。
PKO活動とはそのような地域での活動に他ならないからです。
自衛隊が派遣された時にPKO5原則を順守することが求められます。
しかし、そのために結果として命を落とすことがあった場合は誰が責任を取るのでしょうか。
幸いなことに、今までそのような事例が発生していません。
将来にわたって安全であるとは誰も言えないのです。
国際社会が考えている平和と日本人が考えている平和は同じものなのでしょうか。
平和憲法の理念を理解している日本人にとってPKOは戦争そのものだと感じられるのでしょう。
PKOに関するニュースはいつでも感情的な対立を生んでいます。

PKO5原則の内容を議論する状況にはならないのです。
政権党である民主党は従来からPKO5原則の見直しを訴えてきました。
近い将来において、PKO5原則の見直し論議が始まる可能性は高いと考えてよいでしょう。