PKO5

PKOと同じような言葉にPKFがあります。
PKFとは平和維持軍のことです。
これは明らかに軍隊ですから、戦争をするための準備と受け取られても仕方ありません。
このPKFに自衛隊が参加することは多くの国民が反対している通りです。
しかし、PKOを推進している人たちは、PKOの延長線上にPKFがあると考えています。
いずれはPKFになると考えているのでしょう。
そこでPKO5原則が問題となります。
PKO5原則では自分たちの生命を守るためだけに武器の使用が認められています。
つまり、他国の人を守ることはできないのです。
これではPKFへの参加は不可能となります。
そこで、PKO5原則の見直しの話となるのですね。
武器使用を緩和することは世界平和を考えるうえでプラスとなるのでしょうか。
反対している人たちの意見は明らかです。
武器を持って武器を制することは意味がない。
それこそが戦争なのだと言うことです。
確かに、武器を持っている限り、平和が訪れることはありません。

世界平和を願うのであれば、武器の使用を考えるのではなく、武器を持たない状況を作り出す方法を考えるべきなのです。
紛争地域では武器を持たないNGOの人たちの活動が高く評価されています。
つまり自衛隊も武器を持たなくても評価される方法はあるのです。
しかし、政府民主党は武器を積極的に使用してこそ、日本の貢献度が高まると考えている節があります。
国民感情を考えると、安易なPKO5原則緩和は避けるべきでしょう。
国会で十分な議論が必要なのです。