PKO5

PKO5原則の緩和が議題として上がることありました。
民主党は野党の時から、PKO5原則の見直しを訴えていたからです。
多くの人が民主党の動きに敏感になっています。
特に政権を取ってからの民主党が、いつPKO5原則の見直しを言い出すかと注目していたのです。
2011年の国連からの南スーダン派遣依頼について、前原外相がPKO5原則の見直しについて発言しています。
すぐに新聞やテレビで報道されました。
しかし、それは政府内での議論もないままの発言でしたから、あっさりと見送りになってしまいました。
その時の前原外相の意図がどこにあったのかはわかりません。
しかし、このような形でPKO5原則に注目が集まることを予想していたのかもしれませんね。
PKO活動が紛争と隣り合わせであることは間違いない事実です。
その中で武器の使用に注意深くなることは当たり前のことなのです。
PKOに反対している人たちの意見では、武器を持っていること自体が戦争なのだと言うことです。
確かに武器は使用するために存在しています。
抑止力などごまかしでしかないのかもしれませんね。
私たちの日本は世界の他の国に比べるととても平和な国です。
平和ボケしていると言われますが、それは決して悪いことではないでしょう。

自分たちの平和が周りの国のおかげで成立しているのだとしても、平和を実感できるのです。
わざわざ紛争の中に武器を持っていくことはないのです。
平和を維持するために武器は必要ないはずなのです。
武器使用緩和が行われれば、その先に進んでいく恐れがあるのです。