PKO5

自衛隊が国際貢献の一つとしてPKO活動に参加するようになってから20年以上が立ちます。
自衛隊の派遣の前提としてPKO5原則がありますが、この内容はどのように変わってきたのでしょうか。
もちろん、PKO5原則の文章自体は何も変わっていません。
しかし、そのあり方を検討すると言う議論が頻繁に行われているのです。
PKO5原則の拡大解釈と、見直しが議論されています。
PKOへの参加に反対している人たちはPKO5原則についても批判しています。
形としては自衛隊の武器使用に関して歯止めが掛けられています。
しかし、それを緩和する方向へ進む意図が見えているのです。
民主党が政権を取ってから、その傾向は強くなってきたのではないでしょうか。
国民の平和が一番大切なのですが、国際貢献と言う名のもとに日本の軍隊を他の国に派遣しているのです。
これが戦争でなくて、何なのでしょうか。
批判する勢力は、戦争の原因となるすべてのことに反対しています。
PKOがどのような形であれ、参加すべきではないのです。
世界の平和はどのような形で成しうるのでしょうか。
少なくともPKOの延長線上ではないでしょう。
武器を持っている限り、平和は訪れないのです。

日本には世界に誇る平和憲法があります。
この理念を大切にして、日々を過ごすことが大切なことですね。
PKOを批判する人たちは日本の平和な日常を実感していることでしょう。
しかし、現実の世界は厳しいものがあります。
紛争の中で犠牲になっている人たちがいるのです。
そのことに思いを馳せることも大切ですね。