PKO5

外務省に対して国連から平和維持活動への参加要請があります。
もちろん、外務省だけでその判断をするわけではありません。
しかし、PKO5原則に違反していないか、その後の紛争当事国の状況に変化はないのかなどを注意深く調べるのは外務省の役割です。
自衛隊の派遣がPKO5原則を前提としたものですから、状況の把握は非常に大切なことになります。
日本では平和が日常的ですから、内戦が起こっている国の人たちのことを思うことは難しいかもしれません。
しかし、私たちはPKOに反対する、賛成するにかかわらず、戦争が現在も起こっていると言うことを知っておかなければなりません。
私たちが当事者たちに対して、どのような手助けができるのかを考えるのです。
個人的にできることはほとんどありません。
国を挙げて支援することが大切なのです。
その一つの選択肢としてPKOがあります。
外務省では自衛隊の派遣に先立ち、現地調査団を派遣します。
今までも、その調査団の判断がかなり優先されていますね。
内戦が起こっている地域に行くわけではありませんが、その近くで情報を収集するのです。
PKOに反対している人たちは、自衛隊が武器を携えて他の国に行くことを批判しています。
それこそが戦争だからです。
理由はどうであっても、武器を使ってはいけないのです。

武器を持たずに活動を続けるNGOのことを考えてみましょう。
平和を支えているものは武器ではないのです。
そのことは日本人がよく知っているはずです。