PKO5

日本には平和憲法があります。
このことは国連でもはっきりと認識しているはずです。
しかし、平和維持活動への参加要請が国連から日本に届きます。
多くの人たちが日本のPKO参加に批判的です。
そして、PKO5原則の見直しに非常に敏感になっているのです。
PKO5原則を見直すことは、自衛隊の武器使用を広げていくことに他ならないからです。
私たちは戦争をしたいと思っているわけではありません。
その逆です。
それならば武器を持たないと言う勇気が必要ではないでしょうか。
国連では平和維持活動が一定の成果を出していることを重要視しています。
これからもPKOの役割が大きくなっていくと考えられるからです。
あなたはPKO活動に関してどのように考えていますか。
日本以外の国によるPKOならばよいと考えますか。
このような考えは国際社会から批判されることかもしれません。
しかし、内戦が起こっているからと言って武器を積極的に使用してよいと言うことにはなりません。
武器による制裁は、必ず仕返しされることになるからです。

テロを弾圧することでは決してテロはなくならないのと同じことです。
武器を持って平和を維持することなどできることではないのです。
日本政府はPKO5原則の見直しに前向きの姿勢です。
もちろん、十分な議論の後でなければ、具体的な見直しはできないでしょう。
世論が認めないからです。
憲法の平和原則を踏みにじることだと、PKO活動について述べている人たちも多いでしょう。
インターネットなどでいろいろと情報を入手しましょう。