PKO5

世界に対して誇れる平和憲法が日本にはあります。
しかし、そのことを逆に恥ずかしいと感じている人たちもいます。
国際貢献をするためにPKOに参加する自衛隊が十分な武器の使用を認められないからです。
それはPKO5原則に基づく制限があるからです。
PKO5原則ではPKOに参加するための条件と、武器の使用に関する制限とがあります。
他国の人を守るための武器使用は認められていないのです。
私たちはPKO5原則について考えなければなりません。
平和な国日本の一員として、国際貢献がどのような形で行えるのかを考えるのです。
単にPKOを批判するだけでは何も解決しません。
もちろん、紛争当事者たちに戦争は任せておけばよいと言う考えもあるでしょう。
しかし、いつの時代でも弱者はひどい生活を強いられてしまうのです。
そのことは許すことはできませんよね。
国際紛争において、個人ができることはほとんどありません。
それでもPKOのことやPKO5原則の意味について理解を深めることはできるでしょう。
そして、その理解が国政選挙で役立つことになるのです。
個人の意見が集まって、国会ができているのです。

日本ではPKOへの参加について賛否両論がありますが、国際社会からは自衛隊の活動に対して一定の評価がなされています。
しかし、それを理由にしてPKOを正当化することはできません。
武器を持たずにできることはたくさんあります。
そのことを考えてみてください。
学校などでPKOの意味について考える時間を作るとよいと思いますね。