PKO5

PKO活動は国際貢献の立場からは積極的な参加が望まれるところです。
しかし、紛争が継続している地域においてはPKO5原則が足かせとなり、派遣ができないケースもたくさんあります。
民主党は野党の時からPKO活動に対して積極的な参加を掲げてきました。
しかし、いざ政権を取ってみると、あまり積極的に自衛隊を派遣していません。
PKO活動には費用かかなり掛かることや、PKO5原則の問題のことがやっとわかったのかもしれません。
国民としては政権党が変わったとしても、中立的な立場でPKO活動の評価をしなければならないと思います。
政権が変わったからと言って、その方針がぶれていては国際的な信用をなくしてしまうことになるからです。
PKO活動の検討をする段階で、いろいろなことが新聞に書かれています。
自衛隊派遣を前向きに考えても、そうではなくても話題となるのです。
PKO活動に関しては常に賛否両論があります。
国民の大多数が賛成するPKOはないと考えてよいでしょう。
それは自衛隊が軍隊であるかどうかといった議論と同じです。
建前と本音が違っているのです。
世界における日本の立場をどのようにしたいと民主党は考えているのでしょうか。
2011年の8月には国連から南スーダンへの派遣依頼がありました。
民主党は前向きに検討を始めたとされています。

その間にも新聞などでいろいろなことが言われています。
私たちの生活とはかけ離れた地域での紛争ですから、実感はわきません。
写真などを見ても他人事でしかないのです。