PKO5

自衛隊はその名の通り自衛のための部隊です。
しかし、日本がPKOへ自衛隊を派遣するようになってから、その役割が少しずつ変わってきているのではないでしょうか。
正確には、変わっているのではなく、変わることを期待する人が増えてきたと言うことです。
PKOにはPKO5原則と呼ばれるものがあり、それが自衛隊の海外派遣に一定の制約をかけています。
無制限な派遣とならないための歯止めですから、PKO5原則は重要な役割なのです。
しかし、その内容について、以前から議論がなされてきました。
見直しの議論です。
PKO5原則の中には自衛隊の武器使用に関する項目があります。
そこには自分たちを守る時だけに武器の使用が認められるとなっています。
つまり、他国の部隊を守ることは禁じられているのです。
紛争当事国で他国の軍隊と行動を共にしている状況で、それが現実的な対応なのかということについて疑問を持っている人は少なくありません。
しかし、それを認めてしまうと、その先へ話が進んでしまうことを恐れて、議論自体を批判する傾向にあるのです。
もちろん、戦争になるような武器使用は問題外です。
しかし、一緒に行動する人たちの命を守ることが悪いことではないと考える人がいても不思議ではないのです。
PKO活動の内容が少しずつ変化しているのですから、日本の対応の仕方についても考えていかなければなりません。
その議論の結果として、PKO5原則を守ると言う結論に達するのであれば、国民は納得するのではないでしょうか。